オージャス

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダの語源は、アーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/知識、知恵、科学)を組み合わせた言葉で、"生命の科学"という意味で、約5000年前にインドで生まれた、世界保健機構(WHO)も認める伝統医学のひとつです。

一人ひとりに個人差がある事を前提に、病気を肉体と心の双方から捉えることを特徴とするアーユルヴェーダは、健康で幸せな人生を送るために、医学、占星学や天文学、哲学、心理学、死生観をも含めた"生きるための知恵"を教えてくれます。

アーユルヴェーダの考え方

ドーシャ

アーユルヴェーダでは、人も自然も全て同じもの "空、風、火、水、土"の5つの元素からできていると考えられています。
5つの元素の組み合わせで、わたしたちの体や心の基礎になるエネルギーとなる「ヴァータ」「ピッタ」「カファ」といい3つの要素に分類されます。この3つのバランスの違いが、個人が持っている体質を表しています。

アーユルヴェーダでは、この3つのバランスが取れていれば健康が維持できる、という考え方をします。同じ症状でも、体質ごとに対処法が異なるので、自分のバランスを知ることが大切です。

桜若主のアーユルヴェーダ

トリートメントメニュー
メヘンディメニュー
セミナーラインナップ
ページトップへ戻る
inserted by FC2 system